FC2ブログ

暗中模索な日々

真っ暗闇に潜む夢想家の暗中模索な日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
孤人:霊長類:ヒト目:雑食性
今日は昼飯を抜いて実験しました。
ただ単に食べるのがめんどくさくなっただけなんです。
何の実験をしたかというと、ドングリから取り出したデンプンを
煮詰めてくず餅みたく食べる、といった”健全”な生物部らしい実験です。
2Lビーカーにてグツグツとバーナーで加熱して、とろとろとした物体になりました
そろそろ容器に移し替え、固める時間です。
さて、ここでデンプンを分解して消化酵素、つまり胃薬を入れなくてはいけないのですが、
”酵素”としか説明されてなく、机の上にあるのは胃薬
そんなのわかるわけ無いじゃないですか(´Д`)。。。
固まりかけていた物体を急いで元の容器に移し、再加熱
どろどろに溶けて40℃にまで下げて胃薬を投下、更に加熱
ほんのり甘い匂いがしてきました

ほんのりとです。

僕は大学芋が好きでして、小学校の時給食に出る時はいつもワクワクしてました。
3時間目と4時間目の間の休み時間、給食室前でほんのりと香る甘い匂い
それを、1000倍に希釈したぐらいの甘い匂いです。

何とか煮詰まって、固形物に近い状態になったところを食らいつきました。
・・・・・・・・・?
味はあるけど、ない?
ああ、甘いや。何となく甘いや。白いご飯の方が甘いや。
つまり、微妙な甘さなんです。
わらび餅ってあるじゃないですか、きなこぶちまけて食らいつくアレ。
アレを何も付けずに食べて、水で流し込んだあとに残る甘さなんです。
食にはこだわらない僕だから完食できたわけで、
(自称)グルメな人たちは一口食べただけで
「ごちそーさまでしたっ!」と幼稚園児スタイルをとるであろう。

結論、ドングリは専門的な知識を持って調理し、食べましょう
失敗しても泣かない、全部食べる、吐き戻さない、オェオェ言わない。 以上
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。