FC2ブログ

暗中模索な日々

真っ暗闇に潜む夢想家の暗中模索な日記
修学旅行 3日目
午前5時半起床
何が悲しくてこんな早くから目を覚まさせにゃならんのだ。
とりあえずスネークごっこ。
脳内無線で脳内大佐と脳内通信
歯磨きシャコシャコ、がらがらぺっ。
廊下に出て伸びをしてしばらく散歩。
午前6時、部屋に戻り、明りをつけ同室の人達を起す。
メシマズ
スキー二日目
二日目にして中級者コースに挑戦させられる
なんかね、壁を降りる感じでしたよ。
まあ何とか無事に下山できましたけど。
途中パラレル(風)で滑ってみたり、もしかして運動神経いい方?
インストラクターに褒められたよ、上達早いって。
ただの無茶したがりなのにね、怪我とか怖くないのよ、それはそれで一興ってなかんじで。
でもね、コケまくりなのよ。詰が甘いというか、なんというか。
段差ジャンプやらされたんだけど、
周りはゆっくり行って尻餅つくようなコケ方ばっかりだったから
思いっきり加速して、飛んで、頭からコケたのよ。あってよかった未整地帯。

思いのほか楽しめてて、部屋に戻って風呂に入ろうとしたら
部屋の人達に「一緒に大浴場行かん?」と誘われたのよ。
好機!と思ってホイホイついって行ったよ
でも、気づいたら、なぜか独りでサウナとジャグジーを往復している。
ま、いっか。気持ち良いし。
デカイ風呂に入ると、「あ゛~~~」って言いたくなるよね。え?まだ早い?

そしてメシマズ
カニが出たけど、めんどくさいから食べなかった。
肉も不味いから自然と菜食に。
お嬢さん方に草食系男子?とからかわれましたが愛想笑い。
(いいえ舌が肥えてるんです、犬の餌なんて食えません)なんて言えるわけない。言わぬが仏。違うか。

そのあとレクリエーションとか色々あったらしいけど、どうも思い出せない
メモにも残ってないし、しょうもない出来事だったんだなーと思い込む。

就寝時間を過ぎても寝付けない同室の人たちはひそひそと恋バナ
「孤人は~?」と聞いてきましたが、
そんなことまで話すまで心を開いていないと、色々とはぐらかしてみたものの、
深夜のノリというか、修学旅行パワーというか。
「あの子はかわいいなぁ」とかその程度のことは付き合いとして話しておくことにしておきました。
久々に会話を楽しんだような、青春ってこんなことを言うのだろうな~としみじみ。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.