FC2ブログ

暗中模索な日々

真っ暗闇に潜む夢想家の暗中模索な日記
俺(おら)こんな村いやだ
ついに希望・・・じゃない、野望が現実に!

昼休みに運動部がだらだらと整地しているのを観察しにグランドに出た時
子供の頃の勘が不意に戻ってきました
「あっちにさいきょうなひみつきちをつくれるさいきょうなばしょありそうだあ!」と
今の年齢にあわせて翻訳すると
「野球部の物置の裏って日当たりのいいデッドスペースだよな・・・プランター置けるかな・・・」
この発見を顧問に伝えると、管理作業員さんに相談してくれることになりました
んで5分後、OKのサインが
好きに使ってくれてもいいよ~と。
一応野球部の顧問(体育教師A)にも相談しておいた
いいですよ~と普段の授業では着たことの無い声で返事をくれたFUCK
そして部室に戻り、計画表を書き始めた

1、プランターを置く
2、やっぱり耕して南瓜大根芋とか育てる

そこで顧問と相談
「好きにしてもいいって管作さんは言った、あとは君のやる気しだいや」
ごもっともです、砂利だらけで結構硬く踏み固められて・・・
管作さんからシャベルとザル借りよっと
大体一ヶ月もあれば終わらせられるでしょ
虫の湧いた肥料の処理もできるし、ヘドロ化した土も肥料として撒けるし
うん、そうしよ。そうだ、畑だ!生物部って看板も立てよう!そうだ畑だ!作物だ!
文化祭に出品できるし!そうだ畑だ!農だ!生物部だ!

なんか変な汁が鼻から流れ出たけど気にしない。
紳士はポケットティッシュを常備しているものです。

そして今度は教頭あたりに許可を貰いに行かなければならない。
あの人苦手だ。

ついに始動し始めた「校内緑化計画」
ぜーレとかネルフとかはないけど、がんばってみるよ
ロンギヌスの鍬を構えて使徒(害虫)に立ち向かうよ

とりあえず、許可が下りたら久々の大仕事をやってみます
変人と呼ばれようが、後ろ指差されようが、気にしません。なりません。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.