FC2ブログ

暗中模索な日々

真っ暗闇に潜む夢想家の暗中模索な日記
SF ○サイエンスフィクション ×少し不思議
結構忙しくて【部活とか予習とかまじめな高校生活で、けしてサボっているわ(ry】
アンドロイドは電気羊の夢を見るかを読む時間が無いのです
休み時間に机の上に放りっぱなしでトイレに行って、リラックスして帰ってきたら
席が女子に占領されてました、この状態を僕は植民地と呼びます
どうやら1年の時、同じクラスの人だったらしく(40人も覚えられるか!)
元担任がつけたあだ名で呼んできました
「○○ー、これどんな本~?」といった具合に
こんな時は正直に答えることしかできない僕、"エスエフ"とゆっくり発音しました
しばしの沈黙、笑う周りの女子
??????????
「んあー、とりあえずあらすじ読めばわかるよ」とあらすじを読ませても
普段の読書量が違うのか、5秒もあれば読める文を、30秒ぐらい凝視、そして
「やっぱわからんわw難しそうやなぁwww」
江戸末期の異文化コミュニケーションはこんな感じだったのかな・・・
とか何とか思いながら深呼吸

「この物語の背景は、核戦争が起きて、動物が殆ど死んでしまって
 活きている動物を持っていることが偉さのあれで、
 主人公はロボットの羊、生きていない羊を飼っているんだけど
 生きた動物を飼うための金を、アンドロイド、
 つまり逃げ出した奴隷を殺して賞金を得ようとするけど
 殺したアンドロイドは本当にアンドロイドなのか?
 本当は俺はアンドロイドじゃないのか?と思うようになるって話」

顧問の授業での話し方を真似たら、説明は結構簡単にできるようになった
それでも( ゚д゚)ポカーンな女子数名
「まあ、暇な変人が読む本だから・・・
 映画化もされてるみたいだし、そっち見たら大体わかると思うよ」
そう言ったとたんにチャイムがなった、GJチャイム

さて、今年も本の山を築きますか・・・
久々の暴走

最近御便秘です
御なんてつけても、ばっちい話です
見たくない人は反転なんかせずにAlt+F4でも押してください
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

朝、起きてすぐに冷たい水と牛乳をガブガブっと飲む
どこかで見た便秘解消法だ
それから腸を動かす運動をして、
トーストにマーガリンを塗りたくった物体とコーヒーを胃に収める
そして歯を磨きながら運動、
便意が無くても決まった時間にトイレに行く習慣をつけろとなんかで見た
口をすすいで、トイレに座って下腹部に力を込める
ラマーズ呼吸法とかもやってみる
・・・・・・・
「先生、うちの子が引き篭もって部屋から出てこないんですよ・・・」と
朝から妹に絡んでみたり、母にシバかれたり

時間が来たので登校、この季節の朝は清清しい
桜の花びらが散り行く姿を見ながら
(この花びらを集めて土と混ぜたら微生物が分解してくれるんじゃね?
 そしたらそこそこいい肥料になるかもwウッハwww俺天才www)
とか部活のことを考えながら登校、もうすこしでオバハン型戦車と衝突するところだった
そして一時間目
・・・?
開始30分後
ギュルルルルウッルルルルルルとか
グルルルルルルウルルウルルウとかそんなレベルじゃない音が腸内を駆け巡った
デフコンワン!コンディションレッド!第一次戦闘配備!
こういったときの一番の対処法は熟知している(小5からの経験が物を言う
休み時間の処理では、Garyの異臭で騒ぎになる、初心わするべからず
とりあえず今動くのは危険だ、砲撃が収まるまで今はじっと伏せているんだ!
第一波を耐えた、そして授業内容は終盤、残り時間10分、勝てる!!!
勝利が確定し、ほっと気を緩めた瞬間
敵、第二波来ます!
・・・増援されているだと・・・・・・?
弾道ミサイル発射されました!
各員衝撃に備え何かにつかまれ、つかむものが無いものは床に伏せさせろ
2、1・・・・・着弾、今!

ギュルルルルルルルルルルルウルルウルウウウウウウ!!!!!!!!

もうこりゃだめだ、まあいつものことだ、パイロットが生きて帰れたらそれだけで勝利だ
ベイルアウトする!
「先生」
「なんだ孤人?」
「トイレ行ってもいいすか?」
「我慢できないのか?」
「我慢しか結果が今です」
「あと5分だぞ?」
「5分後、地獄絵図が現実になる可能性があります」
「なら行ってこい」
「はい」

こんな時でもジョークを忘れない紳士、それが孤人スタイル

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
部活でレモンバームティーを飲むまで痛みが続きました
知っててよかった
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.